先日、生まれて初めて初心者手作りの釜でご飯を炊いてみた。
このイケメンな釜の作者は、12月に企画展を予定している飯田浩丈さん。

a2330d4d.jpg


炊き方はさまざまあるようなので、これから色々試してみるつもりなんだけれど、まずは一番簡単そうな方法でやってみることに。
強火にかけて沸騰したら、そのまま5分ほどキープ。水蒸気が弱まって少しオコゲの香がしてきたら火を止めて、そのまま30分ほどほったらかしに。
ほんとにこんな簡単なことでいいのかなぁ。。。ちょっと不安がよぎったけれど、まぁ何といっても初体験だし、万が一失敗しても許されるよね笑顔

さてさて、30分後。ちょっとドキドキしながら蓋をオープンキラキラ
するとどうでしょう。艶っつやのお米が立ってますぅ~ やった~

78aaf26a.jpg


さぁ最後の仕上げです。ご飯をさくっと混ぜたらまた蓋をして少々蒸らします。
そしていよいよ食卓へ。口へ運ぶと、なんともしっかりとしたご飯の味わいですごはん
お米が美味しいって、こんなに幸せなことなんですねぇ。
これまでは炊飯ジャーで炊いていたので気付かなかったけれど、ご飯を炊くという行為も調理の一つ。いえいえ、調理の真髄なのかもしれません。