昨年末の企画展「美しい鍋と暮らす」の際に、陶芸家・飯田浩丈さんとフードクリエーター・長友幸容さんとのコラボで誕生した楕円型の土鍋「エリプス鍋」。

通常の土鍋として直火にかけられるのはもちろん、本体もフタもレンジやオーブンで使えるという多様性が大きな魅力。また、楕円という形を生かして尾頭付きの魚を丸ごと調理したり、付属の蒸し皿を使えば蒸し料理までこなせてしまうスグレモノなんですびっくり

先日、このエリプス鍋をご購入くださったS.0さんから、嬉しい写真付きメールを頂きました~ 勝手に題して「フルーツ鍋」笑顔

b9d21c9f.jpg


Y.0さんはオレンジやレモンなどの果物を入れて、まずはお部屋のインテリアとして楽しんでくださったとのこと。ナイスセンスです拍手
まさに「美しい鍋と暮らす」を実践して頂けたんですね~キラキラ