Galleryの小窓から

大森北1丁目の【Gallery FIRSTLIGHT】が山王3丁目に移転し【葡萄屋ギャラリー】としてリスタートしました

2011年01月

関東風は昭和から

このところ毎日のように大雪のニュースが報道されてますね。
寒がりの私は、映像を観ているだけで凍えそう。
こんなに寒くては、今年はもう春はやって来ないんじゃないの
などと子どものようなことまで考えてしまいます。

そんな矢先に、初春を象徴する可愛らしい作品が届きました。
小さなお雛様たちです。

CA392302

CA392304

この木彫りのお雛様は飼沼聖子さんの作品。
ドイツ東部のエルツ地方の伝統工芸品である
小さい木の人形(ホルツフィグア)の技術を学ばれ
それを基に、オリジナルの小さな木の人形を作られています。

上の写真で、飼沼さんのお雛様と一緒に写っているのは
ガラス作家の白石精一さん、ノグチミエコさんの作品。
抽象的なお雛様と、桃の節句にちなんだ桃のお飾りです。

お雛様を見ていると、いつの間にか寒さでこわばった体がほぐれて
ほわ~んとした気分になってきます。
“春はすぐそこまで来てる”って上向きな気持ちになれますね

みなさんも、お手持ちのお雛様があったら
ぜひぜひ、今からでも飾ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、男雛と女雛の飾り方には
関東風と関西風があるんだそうです。

関西風は日本古来の「左上座」、つまり左側(向かって右)の上座に
男性が来るという考え方の並び。
関東風は逆に、男雛が向かって左、女雛が向かって右になる並びです。

関東風は、昭和天皇のご即位の時に
洋装の両陛下がこのように並ばれたことに合わせた並びで
現代はこの関東風が全国的に主流になっているそうですよ。



街風さんのアクセサリー

昨年のクリスマス当日、楽しみにしていたものが届きました
秋の出会いで一目ぼれしてしまい、思い切ってオーダーした
街風奈緒子(つむじなおこ)さんの着物地のアクセサリーです。

デザインを決めて好みの色はリクエストしましたが、あとはお任せ。
どんな仕上がりになったのか、ワクワクドキドキしながら箱を開けると
あらら~  色のチョイスも全体のイメージも
何から何までストライク~って感じです。

もちろん、早速身につけてみました。
街風さん、サスガです。
私の希望を叶えながら、プラスアルファの嬉しいアイデアが
なんと、私のメガネフレームの色とマッチするように
さし色を効かせてくれました。
自分で言っちゃいますが、とても似合っていてステキです~

CA392251

CA392253

年が明けて、1/5(火)から日本橋三越本館5F「Jスピリッツ」で始まった
街風さんの作品展にも行ってきました。
アクセサリーやストール、バッグなど
どれもこれも、街風さんのセンスと丁寧な手仕事が結集されていて
またもや心を奪われてしまったのは言うまでもありません。

CA392266

CA392267

この展示は1/11(火)まで。
気が付けばもう明日が最終日ですが
ご興味のある方は、ぜひいらしてみてくださいませ。


cofu 街風奈緒子 http://www.cofuweb.com/


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ファーストライト

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ