静岡県富士宮在住の木工作家・中矢嘉貴さんの個展を開催中です。
富士宮・・・そう、あの“富士宮やきそば”で有名な富士宮です。
私はまだ頂いたことはありませんが、みなさんはいかがですか?

思わず食べ物の話題から入ってしまいましたが
中矢さんの作られる木の作品たちをご紹介しましょう。

P3250123-300
ほのかに漂う木の香り・・・空気が研ぎ澄まされていくようです。

P3250118-300
ローテーブルと器たち。木目や色の違いが楽しい♪

P3230100-300
置き方で座面の高さが変わる子ども用の椅子と踏み台。

P3230099-300
美しく格調高い文箱。大切なものを大切にする心が培われそうです。

P3270128-300
トチの木で出来た置時計。木肌の神秘的な輝きに魅了されます。

P3270125-300
こんな可愛い朱肉入れ、初めて出会いました~

P3270126-300
この名刺入れだったら、プレゼントしてもきっと喜ばれますね。

P3270127-300
家の形のカードスタンド。マグネット式で、カードを挟む位置を変えると
スタンドする角度が調整できます。小さいながらも色紙くらいの暑さまで対応可!
本展でも大人気のアイテムです~


P3240110-300
プレスレットとピアス。滑らかな肌触りと天然の色の変化が綺麗です。

この他にも、バターケースやカトラリーケース
スタッキングできるココットやカッティングボードなど
毎日の生活で使いたいあれこれをご紹介しています。

中矢さんの東京での初個展となる本展は、4月1日(日)まで。
最終日の午後からは中矢さんご本人も在廊されますので
オーダー家具のご相談もして頂けますよ
ぜひ、木のお話を聞きながら、作品の手ざわりをお楽しみくださいませ。


中矢嘉貴 「Living with Wood -暮らしに木々の彩りを」