Galleryの小窓から

大森北1丁目の【Gallery FIRSTLIGHT】が山王3丁目に移転し【葡萄屋ギャラリー】としてリスタートしました

2013年01月

Mangiare Viaggiare Amore

毎年、年末になると店頭を賑わせるカレンダー。
デザインから機能まで、実に様々なバリエーションがありますよね。
どんなカレンダーを選ぶかで、その人の好みや生活感まで感じられるような気もします。

いまGallery FIRSTLIGHTでは
イラストレーターの村西恵津さんのカレンダーをご紹介しているんですが
これがまた、とっても盛りだくさんな内容で嬉しくなっちゃうんです

このカレンダーは、恵津さんのイタリア旅日記を綴ったもの。
表紙と見返しから、既に素敵な世界へと誘われていくのですが
昨年の春に、恵津さんがプチ留学したイタリアの想い出が
溢れんばかりの臨場感と空気感で描き出されています。

12-30013-300

12か月の表面はこんな感じ。
風景や建物、ホームステイした部屋やティータイムを過ごしたカフェ
舌鼓を打ったお料理やフルーツなどなど・・・
恵津さんが体感したイタリアの表情が
水彩絵の具と墨を使って瑞々しく再現されています。

Photo 4

そして裏面はというと、こんな風にデッサンが施され
下半分(表面で日付に当たる部分)には恵津さんの「スケッチ旅日記」が。

Photo 2

フィレンツェにホームステイしながら、イタリア語と美術を学んだ日々のエピソードや
一人旅で訪れた街々のレポートなど、読み物としてもとっても楽しい
今年一年を送るうちに、たっぷりとイタリア情緒を味わえる気がします。

そして最後の最後に、もう一つのお楽しみが
裏面の点線に沿って切り離すと、なんということでしょう
上半分がポストカードに生まれ変わるんです~

新年になると、もうその年のカレンダーを求める人はすっかり居なくなりますが
こんなに美しい、アイデア満載のカレンダーなら
今からでも十分、手に入れる価値があると思います
気軽なプレゼントとしても喜ばれそうですね。
ぜひぜひ、ご覧になってくださいませ~

村西恵津オリジナルカレンダー 2013
「Mangiare Viaggiare Amore」 (¥1,050)





スタート

新しい年を迎え、そろそろお正月気分も抜けた今日この頃。
みなさんいかがお過ごしですか?

私の年末年始は、例年 “海外脱出~っ!” 的な華々しい予定もなく
気の向くままに過ごす以外は、両親が暮らす実家に帰省します。

そして、場所は変われどまた特にイベントがあるわけでもなく
だいたい箱根駅伝の中継を観ながら、食べたり飲んだりおしゃべりしたり・・・
とにかく、ただひたすらノンビリとした時間を過ごすわけですが
ふと思い立ち、今年は氏神様に初詣でもしましょうかってことに。

お参りのお共は、実家の隣に住む従姉妹のお姉さんと2匹のわんこ。
せっかくなので、散歩も兼ねて出かけることになりました。

5-3001-300

ここで暮らしていた頃は、除夜の鐘をたたかせて頂きつつ
年明けすぐにお参りしていたんだっけなぁ。。。
いやぁ~何年ぶりだろ・・・最後にお参りしたのはいつだった?

境内にあるこの巨大な木の根っこも、歴史ある社殿も
もう懐かしさを通り越して、初めての遭遇という感覚。

2-3003-300

たいへんなご無沙汰、失礼いたしました。。。
と、お参りも済んだところで、帰り道は晴れ晴れとした気分でお散歩。

コースは地元に暮らす従姉妹とわんこ達にお任せ。
“こんな道あったんだ!” というプチ冒険を味わううちに
物珍しいもの、ついつい撮っちゃいますよね

6

ほんとは中も見たかったなぁ・・・

それにしても、山だけは、もういいですってくらいあるよね・・・

4

7

8

散歩の終盤にやってきたのはこんな場所。
マニアの方々がカメラを構える姿が目に浮かぶようです

9

せっかくなので私も一枚。
たまたま通過する特急あずさ(だったと思う)を狙ってみましたが・・・惜っしい
お顔が見切れちゃってますね。

10

最後に見上げた空には、冷たい空気の遥か向こうに
飛行機雲が細い白線を描いていました。

11

















記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ファーストライト

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ